ブログ

鍼施術は安全なのか?

鍼灸について
2019年02月28日

鍼
「鍼治療に興味はあるけれど、色々心配だ」
    
こんな悩み・心配は多くの方が持っているでしょう。
    
鍼治療に関する不安と言えば
    
・痛くないか心配
・感染症にならないか心配
    
の2つが大きいと思います。
    
特に感染症というのは、すぐにわからないことが多いので、余計に不安をあおります。
    
でも、大丈夫です。当院は感染症が起きないような環境にしています。
    

当院の鍼は使い捨て

鍼で感染症が起きてしまったのは、鍼を使い回ししていた時代の話です。
    
でも今は、多くの鍼灸院では、使い捨て(ディスポーザル)の鍼が使われています。
    
一回の施術で捨て、次の施術で新しい鍼を使う。もちろん、1回刺した鍼は、同じ患者様であっても、使いまわしません。
    
鍼自体も、しっかり除菌されているものを使用しているので、感染症の心配はないと思います。
    

実は使い捨てでなくても、安全性は高まっています

でも誤解しないでいただきたいのは、使い捨てでない鍼でも、普通に除菌作業をすれば感染症の心配はないということです。
     
使い捨てでない鍼も、高圧滅菌をしているので、ディスポーザルと同じぐらいキレイになるのです。
     
感染症になって事例があるのは、相当ヒドイ環境の鍼灸院だったのでしょう。
普通に常識的に、除菌・滅菌を行っていれば、問題ないのです。
      
でも、使い捨てでない鍼だと、どうしても心配だという方もいらっしゃると思います。
     
だから当院では、使い捨てのディスポーザル鍼にしています。
      
安心して、いらしてくださいね。

運動はコリ・痛みに効果があるのか?

健康情報
2019年02月28日


ちょっと肩がツラいなーと思って、肩をグルグル回しているとき、こういうことを言われたりしませんか?
   
「肩凝ってるのか?運動しろよー」
    
このように言う人は、「運動不足」=「肩こり」と認識しています。
    
腰痛の場合でも、同じこと言われることあるでしょう。
    
確かに実際に、肩こり・腰痛で悩んでいる方は。運動不足の場合が多いです。
    
しかし、どれくらい運動不足と肩こり・腰痛は繋がりがあるんでしょうか? 
  

運動で解消する肩こり・腰痛

運動で、実際に肩こりや腰痛は、解消することがあります。
    
その場合の肩こりや腰痛は、程度の軽い症状の場合でしょう。
   
腰痛・肩こりの原因は、当該箇所の血行不良と周辺部分の筋肉のコリです。
    
軽い筋肉のコリだと、運動することで解消されることがありますし、全身の血行も良くなります。
    
だから、運動で肩こり・腰痛が解消するというのは、本当のことでしょう。
    
しかしこの場合は、「治った」というよりも、「体のメンテナンス」の意味合いが大きいです。
    
症状が軽い状況だから、運動という身体のメンテナンスでなんとかなった、と考えるのが妥当です。
   
 より重い症状だと、運動でどうこうなることはありません。
   

重い症状は、まず筋肉をゆるめること

重い症状の場合は、運動をしても解消することはありません。
   
運動でどうこうならないほど当該箇所も血行が悪いし、周辺部分の筋肉が凝り固まっています。
   
肩こりでいえば、肩の血行が悪く、周辺の首・腕・背中の筋肉が凝り固まっています。
   
そこをまず。外的な施術で、ゆるめます。つまり鍼灸施術です。
   
きちんと緩まって、痛みや不快感がなくなったら、次は運動の出番。
  
その状態をきちんと維持するために。運動をするのです。
   
運動と肩こり・腰痛の関係、おわかりいただけましたでしょうか?
   
あなたの今の状態は、運動すれば良くなるのか、それとも施術を受けるべきなのか。
きちんと見極めましょうね。

身体のメンテナンスについて

健康情報
2019年02月28日

鍼
皆さんはどんなときに、施術を受けますか?
      
痛みが出たらすぐに、施術を受けに行きますか?
   
それとも痛みが我慢できなくなったら行きますか?
   
痛む前に行きますか?
   
日常生活が忙しいから、なかなか通えない人もいるでしょう。
    
施術を受けるペースは人それぞれだと思います。
   
でも、これは頭の片隅に残しておいてください。
    
「身体のメンテナンスが結局一番効率が良い」ということを。
  

施術を受けるペース

■痛みが出たらすぐに施術を受ける人は
→症状によりますが、短期間で、2・3回ぐらいの施術になることが多いです。 
   
■痛みが我慢できなくなったら施術を受ける人は
→結構状態がヒドい可能性があり、週2・3回のペースを1か月続ける必要があるかもしれません。
  
身体の状態によって、施術ペースは変わってくるのです。
  
病気になったときでも、軽い風邪が、重い熱かで、診察に行く回数が変わりますよね。それと同じです。
  
でも、もし痛みが出る前にメンテナンスで施術を受けるのであれば、月1回のペースで受けていただければ、多くの場合十分だったりします。
  

メンテナンスをすることの重要性

ですから、なるべくなら、鍼灸で身体をメンテナンスするようにしましょう。
   
そうすれば
   

①常に身体が元気な状態である
②結局、費用も抑えられる
③時間もかからない

 
という3つのメリットがあります。
   
現代人は、身体を動かす機会が減っていることもあり、筋肉や関節が固く、すぐに悪くなりがちです。
   
仕事や家事で忙しいから、そのまま放っておくと悪化して、ヒドイ状態になります。
   
だからこそ、現代人こそ、メンテナンスを意識してください。
   
施術だけではありません。ストレッチや軽い運動などもこころがけましょう。
   
そうして初めて、健康が獲得されます。
   
忙しい現代人んだからこその、メンテナンス。
本当に、重要だと思います。

次ページへ »