四十肩・五十肩

放置しても治りません!
いち早く改善するために必要なこと

  • 腕が痛くて上がらない
  • 腕を回そうとすると痛む
  • 腕が痛くて、夜中に目が覚めてしまう
  • 腕が上がらないので着替えが出来ない

こうした症状は病院で四十肩・五十肩と診断されるでしょう。40代・50代になってから発症することが多いので、そう呼ばれます。正式名称を「肩関節周囲炎」と呼びます。
 
この四十肩・五十肩は、「放置していたら痛みがひいた」という経験話が多いため、痛み止めで痛みをおさえつつそのままにしておく人がいますが、これは間違いで大変な後遺症につながっていってしまいます。
 
ここではなぜ四十肩・五十肩が起きるのか、放置はなぜ間違っているのか、どう対処すれば良いのかについてお話します。
 

四十肩・五十肩の原因


四十肩・五十肩は、腕の奥の筋肉(深層筋)・インナーマッスルが固くなって、硬縮している傾向にあります。この奥の筋肉をほぐすと、痛みが解消される方が非常に多いです。
 
腕というのは、奥の筋肉(深層筋)が動き、そのあとに表面の筋肉が動き、スムーズに可動しますが、大元の深層筋が動かないと、スムーズになりません。だから「腕が上がらない」ということになってしまいます。
 
四十肩・五十肩は肩ではなく、腕に原因があると考えておいた方が良いと思います。
 
つまり肩に注射をうったり湿布したりしても、完治にはならないのです。
 

四十肩・五十肩を放置してはいけない理由


四十肩・五十肩の激痛というのは、大部分が炎症です。関節や筋肉に炎症が起こっています。
 
炎症というのはそのままにしておくと、身体の自然治癒力で徐々に治まっていきます。だから放置で痛みが治まった=治ったと思ってしまいがち。
 
しかしこれは大きな間違いです。
 
炎症が治まっても、インナーマッスル・深層筋の問題が残っており、この筋肉が硬くなる・緊張したままだと、肩まわりの動きが固まってしまいます。
 
痛みはないけど肩・腕が動かないという状態になり、最悪の場合手術になります。
 
こうなる前に、痛みが治まったとしてもしっかりと適切としたアプローチを受けるのが、四十肩・五十肩では重要です。
 

信鍼灸院の四十肩・五十肩施術

施術①
原因の特定

もっとも重要なものが原因追求。カウンセリングと身体の検査で、どこに問題があるのかを特定します。
 

施術②
身体の奥の筋肉をゆるめる

カウンセリングと検査で見つけた筋肉の緊張を緩める施術を行いますす。
 
四十肩・五十肩の場合、肩・腕だけでなく、背中や首などの筋肉も重要になってきます。
 

施術③
筋膜をリリースする

また患部ではなく、患部に影響している離れた筋膜の硬結を緩めることで、筋肉が緊張しないようにしていきます。
 

施術④
炎症をおさえる

四十肩・五十肩の場合は肩関節に炎症が残っていることも多いです。鍼灸は炎症を抑える効果もあるので、目の前の痛みの緩和を促します。
 
四十肩五十肩は、痛みが治 
施術
 まっただけでは完治ではありません。腕や肩が固まらず、自由に動かせる状態こそが完治です。

 
そんな状態を当院の鍼灸で追求しましょう。大丈夫、年齢を重ねていても良くなりますよ。
 

 

信鍼灸院 情報

住所〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-5 ノースヒルズ402
予約完全予約制とさせていただいております。
電話0422-51-0586
定休日月曜日・木曜日