坐骨神経痛

様々な治療で改善しなくても
その痛み・シビレ
根本改善を追求することができます

  • 腰・お尻・太もも裏側・すね外側・つま先などに痛みやシビレがある
  • 坐骨神経が通っている場所(腰・お尻・太ももの裏側・膝裏・すね・ふくらはぎ・足裏)を押さえると痛む
  • 立ち上がる時、歩いているとき、横になるときなどに痛みが強くでる
  • 歩行困難や眠れないほどの痛み、シビレがある
  • 一日の終わりに足が痛む
  • 背中、腰背部が痛み特に咳やくしゃみをすると痛みが増す
  • ふくらはぎや太ももがシビレれる
  • 足がだるい、または力が入らない
  • 仰向けに寝ていると痛みやシビレを感じる
  • 体を反らすことができないが、前にかがむと痛みがやわらぐ
  • 足の血行が悪く冷えている
  • 気をつけていても便秘になってしまう

こうした症状=坐骨神経痛で悩まれている方、病院で様々な治療を受けて改善せず困っていませんか?
 
なぜあなたの坐骨神経痛は改善しないのでしょうか?何をすべきなのでしょうか?信鍼灸院で坐骨神経痛に対してできることは?これらについてお話致します。
 

坐骨神経痛とは?


まずは坐骨神経痛とは何かについてお話します。

坐骨神経は、腰・お尻・太ももの裏側・膝裏・すね・ふくらはぎ・足裏など広範囲に渡ってある神経で、これが何らかの原因で圧迫されると痛み・シビレが生じます。
 
この痛み・シビレのことを坐骨神経痛と言います。腰痛を伴うことが多いので、普通の腰痛と混同されがちでもあります。

実は「坐骨神経痛は」、病名ではありません。「坐骨神経」という神経が通っている部位に発症する痛みのことで、便宜的に名前を付けただけなのです。
 
この坐骨神経痛は、とにかく痛みが強いくなりやすいことが特徴で、あまりに痛いので仕事に行けない・動けなくなる人も多いです。
 
芸能人でも嵐の二宮和也さん、女優の大島優子さん、野球選手の城島健司などが坐骨神経痛になり、そのと治療に専念するために一時休業するほどでした。
 

坐骨神経痛の改善に必要なこと

坐骨神経痛の原因は「坐骨神経は何らかによって刺激・圧迫されている」ことにあります。
 
では何によって刺激圧迫されているのでしょうか?それは緊張硬縮した筋肉です。
 
硬く緊張した筋肉が坐骨神経を刺激圧迫するので、痛み・シビレが生じます。
 
問題は、患部の筋肉が問題ではないということ。
 
患部ではない筋肉・筋膜に緊張硬結があり、それが離れた部分に痛みやシビレを引き起こしています。
 
つまり坐骨神経痛の改善に必要なことは

  • どこに問題があるのかを正確に把握すること
  • その問題を適切に解消すること

これが何より重要なのです。
 

病院の治療で坐骨神経痛が改善しない理由


あなたは病院で治療を続けている、様々な治療を受けている。なのに痛みシビレが改善しない。これはなぜなのでしょうか?
 
それは病院の治療では、本当の原因にアプローチできていないからです。

・電気低周波治療 → ほんの少し筋肉を緩めるだけ
・マッサージ → 揉まれた筋肉はより硬くなってしまう
・牽引治療 → ひっぱられると骨格がゆがみ、筋肉により負荷をかけてしまう
・痛み止め、ブロック注射 → 一時的に痛みを感じさせなくするだけ

ひどい場合に用いられる痛み止めやブロック注射は、あくまで痛みを感じなくさせるだけで、その間はあなたの身体の自然治癒力に任せます。
 
しかし坐骨神経痛が起こっているほど筋肉や筋膜に問題があると、そもそも自然治癒力が働けないので、痛み止めやブロック注射が一時しのぎでしかなくなってしまうのです。
 

信鍼灸院の坐骨神経痛施術

施術①
原因の特定

もっとも重要なものが原因追求。カウンセリングと身体の検査で、どこに問題があるのかを特定します。
 

施術②
身体の奥の筋肉をゆるめる

カウンセリングと検査で見つけた筋肉の緊張を緩める施術を行いますす。
 
坐骨神経痛の場合、お腹・お尻・ふともも・ふくらはぎなどの筋肉が重要になってきます。
 

施術③
筋膜をリリースする

また患部ではなく、患部に影響している離れた筋膜の硬結を緩めることで、筋肉が緊張しないようにしていきます。
 

施術④
炎症をおさえる

坐骨神経が刺激されている部分は炎症を起こしている場合があります。鍼灸は炎症を抑える効果もあるので、目の前の痛みの緩和を促します。
 
施術
 
坐骨神経痛があまりにひどくて、痛くて仕事を辞めざるを得ない人も多いと聞きます。
 
しかしそれでも、適切な治療を受けないと改善しないでの、仕事を止めても良くならないかもしれません。
 
だから仕事を辞めるではなく、信鍼灸院にいらしてください。仕事を続けながら改善を追求できます。
 

 

信鍼灸院 情報

住所〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-15-5 ノースヒルズ402
予約完全予約制とさせていただいております。
電話0422-51-0586
定休日月曜日・木曜日